御来場有り難う御座います。 皆様の撮られた山や花の写真を御紹介下さい。
又、登山情報・お知らせ・ホームページ・ブログの宣伝にもご利用下さい。

山と花のBBS*九重山行脚

28499
★ 山と花のBBS ★ 

名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
文字色
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

17日の九重 きのしたさぶろう URL

2016/11/19 (Sat) 14:18:38

m.saitoさん、こんにちは。
17日は九重夢大吊橋、男池と扇が鼻の夕駆けを兼ねて名残の紅葉めぐりでした。
大吊橋は今ひとつ。
夕駆けは予報に裏切られ撃沈。
その中で、男池はエバの樹の周囲が最後までガンバッテいました。
上の台は殆ど紅葉を終えていましたけどね。
唯一其処だけが別世界のオーラに充ちていました。
エバに取付いた蛇(カツラ)の執念でしょうか。
それではエバの樹と周囲の紅葉がコラボしオーラに充ちた別世界です。

Re: 17日の九重 m.saito URL

2016/11/19 (Sat) 15:19:53

木下さん、こんにちは。お疲れ様でした。
九重の紅葉の大きな区切りでもある男池の紅葉も終わりましたね。
最後まで頑張ってしんがりを務めたエバの樹には敬服します。
扇ヶ鼻は残念でしたね、10パーセントの確率に賭ける気持ち、
良く分かりますが、なかなか出来ません。
では、もう少し紅葉の名残りを探索したいのですが、天気が(泣)。
画像は15日のシラキです。

まさかお会いするとは きのしたさぶろう URL

2016/11/06 (Sun) 11:11:44

m.saitoさん、こんにちは。
まさか男池でお会いするとは思いませんでした。
正直ビックリしましたよ。
暮雨の滝は多少名残色もありベストではありませんでしたが、紅葉景らしい紅葉は此処だけでしたので、今回のトップにしました。
男池上の台のカエデはまだでしたね。
少しは色づいているかと思いましたが。
お陰でシラキの名を初めて知りました。
紅葉と黄葉が混在して美しいですね。
ダイヤはHPで見て戴くとして、此処では「黄葉の暮雨の滝」を置いときます。
もう一度男池でカエデを確認したいです。
では。又何処かでお会いしましょう。



Re: まさかお会いするとは m.saito URL

2016/11/06 (Sun) 15:34:37

木下さん、こんにちは。
驚かせてすみません。神出鬼没が好きなもんで(笑)。
朝駆けもしたかったのですが、PM2.5に惑わされ断念でした。
しかし、木下さんの写真を見ると地平線ラインから上は綺麗に澄んでいたようですね。
大きなダイヤモンド中岳、おめでとうございます。
暮雨の滝は時間が早いとダメですね、奥の黄葉になかなか日が当たらず、待ち飽きて引き返しました。
では、男池のカエデ類の紅葉を楽しみにしましょう。
画像は4日の鳴子川の紅葉です。

再び三俣へ きのしたさぶろう URL

2016/10/26 (Wed) 12:57:59

m.saitoさん、こんにちは。
前回、大鍋・小鍋の紅葉が心に残り、中3日でしたが再び三俣へGOでした。
半時計の御鉢回りです。
紅葉は20日後の風雨の影響なのか、少しピークが過ぎて色があせていましたが、前回の心残りの大鍋・小鍋の紅葉が観れて喜んでいます。
これで山の紅葉は終わりですね。
やはり今年は赤の紅葉が冴えません。
久々に黄色中心の紅葉を見た思いです。
では。最初は大鍋・小鍋境界壁からの紅葉の滝です。

Re: 再び三俣へ きのしたさぶろう URL

2016/10/26 (Wed) 13:06:44

今回は小鍋の紅葉が一番観たくて、一時陽射しが怪しくなりましたが、いつまでも待つつもりでいました。
執念の小鍋です。(苦笑)
その後も陽射しが途絶え、ガスも発生しましたが、総じて良い条件下の紅葉山行でした。
黄昏の北峰と影三俣を楽しんで下山。
登山口に下りたときにはすでに真暗でした。
では。執念の小鍋です。

Re: 再び三俣へ m.saito URL

2016/10/26 (Wed) 20:47:53

木下さん、こんばんは。
中3日の三俣、お疲れ様でした。
黄昏に映える小鍋の綺麗な紅葉、羨ましく拝見させて頂きました。
24日は自宅で苦虫を噛みながら(笑)三俣の紅葉を思い描いていました。
山の紅葉は終わりと思うと寂しいですが、次は山麓へ期待します。
では、また。画像は20日の大船東尾根からです。

10月2日の九重の紅葉 きのしたさぶろう URL

2016/10/22 (Sat) 12:26:42

m.saitoさん、こんにちは。
悠悠さんとはすれ違いでしたね。
今年の紅葉は悪いと思い込んでいましたが、大船山は良いようですね。
牧の戸コースは早いのか悪いのか判りかねますが、現時点では総じて良くありませんでした。
サッパリと表現しても良いくらいです。
その中で扇が鼻山頂斜面が唯一綺麗でした。
九重の主峰達をバックに美しさを披露してくれました。

Re: 10月2日の九重の紅葉 きのしたさぶろう URL

2016/10/22 (Sat) 12:30:09

三俣山も悪いとの思い込みで、あまり乗り気がなく、雲が広がりましたので、そのまま下りようかと思いましたが、思い止まり予想外の紅葉景に驚きました。
紅葉の紅色はもう少しでしたが黄葉は最高でしたよ。
今回は後半が三俣山でしたので、逆回りにしときゃ良かったと思いました。
そうすればお鉢回りもできたかもですね。
では。ビックリ仰天の大鍋小鍋俯瞰景です。
これで晴れていればなあ・・・。

Re: 10月2日の九重の紅葉 m.saito URL

2016/10/22 (Sat) 19:24:05

木下さん、こんばんは。
あの時間から三俣までもとは、さすがの気力に体力ですね、お疲れ様でした。
お陰様で大変知りたかった状況が全てわかりました、感謝感激雨あられ!!!です。
三俣は直ぐにでも行きたいのですが、仕事で行けそうにありませんので、
微妙な表情の肥前ヶ城に期待したいと思います。
しかし、星生西斜面は厳しいようですね。
では、また。画像は20日です。

10月10日の九重 きのしたさぶろう URL

2016/10/13 (Thu) 08:04:33

m.saitoさん、おはようございます。
10日ひと月振りの九重でした。
夜明は少し光芒と焼雲も見られましたが概ねピーカン。
しかし、この日は雲海がいつまでも素晴らしく、山を下りるまで楽しませてくれました。
最初は星生崎下突端からの久住山と大雲海です。

Re: 10月10日の九重 きのしたさぶろう URL

2016/10/13 (Thu) 08:50:41

今年の紅葉はどうでしょうか。
遅れているだけなら良いのですが。
下山途中の紅葉の名所の肥前が城岩壁です。
星生山西斜面も同じ状態でした。
部分的には紅葉の兆しは見えるのですけどね。

Re: 10月10日の九重 きのしたさぶろう URL

2016/10/13 (Thu) 08:54:43

下山後、キクバヤマボクチをGET。
ひと月前の前回、つぼみを確認していたのですが、この花はつぼみの期間が長いですね。

Re: 10月10日の九重 きのしたさぶろう URL

2016/10/13 (Thu) 08:58:17

道真紋のウメバチソウが咲き、ハバヤマボクチ、センブリも咲き始めていました。

Re: 10月10日の九重 m.saito URL

2016/10/13 (Thu) 13:32:19

木下さん、こんにちは。
1ヶ月ぶりの九重、お疲れ様でした。
ピーカンは置いといて(笑)、綺麗な大気に大雲海おめでとうございます。
ようやく天候が秋らしくなって来て、九重の秋を少し感じられたことでしょう。
しかし、やはり気になるのは紅葉ですね。
こんなに遅れると、不吉な予感が頭の中をよぎります。
去年が良かっただけに心配です。
では、また。画像は6日です。

シロシャクジョウ きのしたさぶろう URL

2016/09/23 (Fri) 17:33:53

m.saitoさん、こんにちは。
9月21日はすみませんでした。
9月21日は台風一過の晴予報でしたので予定していましたが、前日の雨と風を見て、ガス撃沈必至と思い中止しました。
ガス景とブロッケンが楽しめたのですね。
行けば良かった・・・。

去る9月6日、地元の名山「小岱山」にシロシャクジョウ(白錫杖)が咲いていると聞いて直行。
中々探せず諦めかけていたのですが、落葉の上にもやしのようなものが見えました。
近づいて見ると紛れもなくシロシャクジョウです。
シロシャクジョウは大分県・熊本県をはじめ、多くの県では絶滅危惧種に指定されていますね。
大分県の生育地は耶馬溪の報告はありますが、九重の報告はないようです。
しかし、何処かで見たような気もするのですが・・・。
何しろ小さいので見つけるのは容易ではありませんが、いつかは九重でも見つかると信じています。
又一つ探すものが増えました。
では。9月21日のお詫びに置いておきます。

Re: シロシャクジョウ m.saito URL

2016/09/24 (Sat) 09:36:46

木下さん、こんにちは。
21日前夜ガス雨の牧ノ戸に着いて、私もこれで晴れるのかな~?、と半分諦めました。
「運動、運動!」と自分に言い聞かせながら登りましたが、運が良かったです。
それにしても、朝駆け登山者が全く見当たらず、やや拍子抜けしました。

始めて見る貴重な「シロシャクジョウ」を有り難うございます。
腐生植物にしては花の形が綺麗ですね。
落ち葉から花の大きさが想像できますが、小さく暗く撮るのも苦労したでしょう。
「林の中の不審者」が目に浮かびます(笑)。
では、また。画像は仲間のキリシマシャクジョウです。

10日の九重 きのしたさぶろう URL

2016/09/12 (Mon) 14:52:06

m.saitoさん、こんにちは。
10日、ガス撃沈した前回のリベンジを兼ねて、遭難慰霊碑に朝駆けしました。
光芒と雲がいい夜明でしたが、高い霞の層(PM層かな)で半撃沈模様でした。
山仲間(後で判った)も天狗の山頂でチョロチョロしていましたよ。
池ポチャはいなかったようです。
では。夜明前の光芒です。

Re: 10日の九重 きのしたさぶろう URL

2016/09/12 (Mon) 14:56:36

下山後は、いつもの散策で、今回はツリフネファミリーがメインでした。
白花の葉隠れはまだですが、遠州もどきは早咲きが少しありました。
写真はあそび心で葉隠れツリフネと黄ツリフネのLOVELOVEショットです。
では又山でお会いしましょう。

Re: 10日の九重 m.saito URL

2016/09/12 (Mon) 21:37:52

木下さん、こんばんは。
お疲れ様です、HP拝見させていただきました。
天候が微妙だったので、どうかなと思ってましたが、行かれてましたか。
夜明けは綺麗な光芒で一応リベンジ出来たのではないでしょうか。
私は珍しく(笑)仕事に追われて行けませんでした。
この先の天候がずっと悪いので、しばらくは紅葉の為にも仕事に精を出します。
では、また。画像(HDR風)は前回分です。

9月1日の山行き きのしたさぶろう URL

2016/09/04 (Sun) 10:08:46

m.saitoさん、こんにちは。
月替わりの9月1日、朝駆けしましたが、夜明も夜明後も見事なまでにガス撃沈。
ダブル撃沈は年に一度あるかないかの稀なことなんですが久々やっちゃいました。(苦笑)
下山後はいつものように散策三昧。
中でも何よりの成果が、とある湿原の発見でした。
植生がタデ原湿原と瓜二つで、中でもツクシフウロの群落はタデ原湿原の比ではありません。
とある湿原のツクシフウロです。

Re: 9月1日の山行き きのしたさぶろう URL

2016/09/04 (Sun) 10:15:41

タデ原湿原は木道で保護されていますが、此処はそれがなく、シラヒゲソウも自由に間近で見たい放題。
それだけに、荒らされる心配もありますけどね。
散策者のモラルが問われますね。
他にもまだ隠れた希少な花もありそうに思えます。
今後は楽しみです。
では。涼しくなりましたので又山でお会いしましょう。
シラヒゲソウです。

Re: 9月1日の山行き m.saito URL

2016/09/04 (Sun) 19:41:22

木下さん、こんばんは。
やはり行かれていましたか、悪天候の中、お疲れ様でした。
ダブル撃沈は残念でしょうが、ガス間に浮かぶ慰霊碑がいい感じですね。
つい、ホワイトアウトでは諦めがちな私なので見習いたいです。
下山後の花散策の方は豊作のようで、木下さんの執念の賜物でしょう。
特にツクシフウロの大群落とは、なかなか無いでしょうね、羨ましいです。
私も8月30日に九重へ行っておりましたが、山は私もほぼ撃沈。
日の出時刻に一瞬中岳とわずかな朝焼けと青空が見れました。
では、綿毛のススキの山上で。画像は前々回です。

22日はありがとうございました きのしたさぶろう URL

2016/08/24 (Wed) 22:32:48

m.saitoさん、今晩は。
22日は半日御付き合い戴き有難うございました。
迫力のガス景、ブロッケンの美妖怪と楽しめましたね。
晩夏と秋走る光景にも大いに満足しています。
下山後は、吉部、タデ原湿原、久住高原とガンバリましたが、やはり少々疲れました。
でもツクシフウロも咲いていましたし、思いがけず武蔵坊弁慶にも会えることができました。
牛若丸になった気分です。
一寸腹ボテの牛若ですけどね。(苦笑)
やはり疲れることが充実の証ですね。
では。又お会いしましょう。
ブロッケンの美妖怪です。

Re: 22日はありがとうございました m.saito URL

2016/08/25 (Thu) 19:57:16

木下さん、こんばんは。
レス遅くなりました。
22日はこちらこそ大変お世話になりました。
下山も御一緒させて頂き疲れは何時もの半分になりました。
そうですね、疲れることが出来る事を有り難く思わないといけませんね。
私は最近暑さのせいか、疲れが少し足りてません(笑)。
ところで、実は本日九重へ急遽行っていました。
詳しくはUPしましたらBBSへお知らせいたします。
画像は本日、ホヤホヤのブロッケンです。

「山の日」の九重 きのしたさぶろう URL

2016/08/14 (Sun) 10:50:43

m.saitoさん、こんにちは。 
11日の「山の日」、天狗が城に朝駆しました。
夜明の各山頂にはトータルで60人~70人はいたでしょうか。「山の日」元年、恐るべしの光景でした。
夜明はあまり期待はしていませんでしたが、少ない雲がピンクに染まりマアマアでした。
でも相変わらず霞はありますね。
下山後はソババッケまでピストンして、ブヨにブヨブヨのお尻を刺されながらアオフタバランをGET。
今年は当り年のように思えます。
では。最高状態のアオフタバランです。

Re: 「山の日」の九重 きのしたさぶろう URL

2016/08/14 (Sun) 11:14:55

その後、タデ原湿原と久住高原に移動。
気温は信じられぬ31℃。
草地は湿度も高くまるでサウナ状態です。
水4リットルも空になりフラフラでしたが、一度刈り取られていたノヒメユリに7年振りに会えました。
巻き込むように反り返る花弁が超可愛いですね。

Re: 「山の日」の九重 m.saito URL

2016/08/14 (Sun) 16:59:33

木下さん、こんにちは。
記念すべき第1回「山の日」登山、お疲れ様でした。
この「山の日」で登山ブームにも更なる拍車がかかることでしょう。
皆さん健康になって、めでたしですね。
今年は見れそうもなかったアオフタバランを有り難うございます。
ハクウンランと同じく今年は当たり年のようですね。
それにしても、タフですね!。
下山後のソババッケ・タデ原・久住高原とは、あの暑さの中では私には考えられません。
やはり日頃のトレーニングが効いてますね、見習いたいところです。
では、画像は前回分です。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.